日曜日にセカンドオピニオンに行ってきました。

※ 本日も文字が多いため、写真を入れていきます



10/2(月)に大学病院で二次診療を受診し、
思うところがありセカンドオピニオンを探していたぴよこ。

ネット上ですが、
胆嚢粘液嚢腫の手術をやったことのある病院を探し、
これはという病院を発見。

そして10/8(日)に行ってきました!!


20171009_1.jpg


まず、事前に今までの経過を電話で状況は伝えていたため、
話はスムーズに進みました。

今までの血液検査の結果からみると、
そこまで悪すぎる値ではなさそうでした。

ただ、大学病院で手術という話であるならば、
画像診断が一番だということで超音波検査をし、
今の状態を診てもらうことに。



超音波検査の結果、

● 診断は「胆嚢粘液嚢腫」で間違いないことは確定。

● 胆石はできていない。

● まだ胆汁が少し溜まっているようなので、
  堪能の機能は残っている。

● ただ、残っていると言ってもほんの少し。

とのことでした。


20171009_2.jpg


そして肝心の手術については、
早急に手術が必要な状態ではないそうです。

ぴよこもくまごろうも、
「破裂する前に手術しないと!」と思っていたのですが、
雪丸の胆嚢はまだ細長くて膨らんではいないので
すぐに破裂を起こすものではないとのことでした。

さらに「破裂するとたいへん!!」と焦っていましたが、
雪丸の胆嚢のタイプだと
最悪1回破裂したとしても
重篤な状態にはならないと思う、との見解。


…よかったよ~


前の病院も、大学病院も、
ここまで詳しく教えてくれませんでした。。

大学病院は待ち時間が長くてヘトヘトで
頭が働かなかったのもありますが…


20171009_3.jpg


ぴよこがその病院をセカンドオピニオンに決めたのは、
大きな理由もありました。

それは、胆嚢摘出を腹腔鏡手術でできること!

人間もそうですが、
傷口が小さい分雪丸の負担も少なくて済みます。

なので、腹腔鏡についても詳しく聞きました。



まず費用は、
胆嚢摘出においては開腹も腹腔鏡も大差がありません。

なので予算については心配なさそうです。

メリットは↑でも書きましたが、
傷口が小さい分負担が少なく、入院も少なく済みます。

デメリットは、最先端であるが故、まだ症例がすくないこと。
(今まではすべて成功しています)

また、胆嚢破裂する前でなければ
腹腔鏡は使えないそうです。

破裂すると腹膜炎を起こすことから
安全面を考え開腹手術となるそうです。


20171009_4.jpg


色々相談し、やっとスッキリ!!


結果、手術は一旦とりやめることにしました。

そして定期的に様子を診てもらい、
来年以降、破裂する前に腹腔鏡の手術、
この方向で進むことにしました。


20171009_5.jpg


今までずっと不安の中にいましたが、
セカンドオピニオンに行って本当によかったです

この病院は15以上も診療科を備え、
さらに外科もあるのが頼もしいところです!

今までの病院は、
大きな手術は二次診療になってしまって…

これからは健康診断もこの病院でいいかな~と♪


20171009_6.jpg


手術が先に延びて
心にも余裕が出てきました☆

さっそく…今週末のわんわんカーニバル、
行ってやるぞー!!


※ 足あと機能OFF中です ※

ランキングに参加しています☆

ポチっとよろしくでしゅ↓


こっちもついでにポチ↓


犬ブログ広場 ポメラニアン

Instagram ← インスタグラムもやってます♪

Tag:ポメラニアン

診断結果!

 04, 2017 05:37
10/2(月)、
二次診療で紹介してもらった大学病院へ行ってきました。

※ 文字が多くなるので、関係のない写真を差し込んでいきます


<主な時系列>

■ 7月中旬 健康診断
 → 肝臓と胆嚢の数値が大きい
 → エコーで見ると胆汁が固まっていそう
 → 「胆泥症」もしくは「胆嚢粘液嚢腫」の疑いあり
 → 手術の選択があることを聞く
 → まずは薬で1ヶ月様子をみることに

■ 8月下旬 再診
 → 薬の効果は見られず
 → 肝臓の値が更に増えていた
 → 二次診療で手術を勧められる
   勧められたのは2病院。
   予約は早く取れそうだが、費用が少し高めな病院。
   予約に時間がかかるけれど、費用は↑より安くて腕がいい先生のいる大学病院。
 → 腕がいいのであればと、大学病院で一番早い日で予約をお願いする
 → 同じ薬をもらう

■ 9月中旬 再診
 → 薬の効果は見られず
 → 肝臓の値が少しよくなっていた
 → 同じ薬をもらう


そして10/2に二次診療でした。


20171004_1.jpg


14時~19時、ほぼ半日かかりましたが
診断の結果は「胆嚢粘液嚢腫」でした。

「胆泥症」と「胆嚢粘液嚢腫」、何が違うのか?

ぴよこもネットで調べましたが、
簡単に言うと「胆泥症」が更に進んだものが「胆嚢粘液嚢腫」になるようです。

「胆泥症」であれば、内服薬でよくなる可能性はありますが、
「胆嚢粘液嚢腫」は、内服薬はほぼ効果がないようです。
(効果のある子もいます)


20171004_2.jpg


「胆嚢粘液嚢腫」の怖いのは、
進んでいくと胆汁の逃げ道である胆管が詰まり、
胆嚢が破裂(正確には裂けるそうです)してしまうところです。

ところがこれ、
いつ起きるのかは全く予想ができません。


今の状態で、
何年もずーっと症状が出ないままの可能性もあります。

もしかしたら急に詰まり、
数ヶ月後に破裂してしまう可能性もあります。

破裂したら周りの組織にも炎症がおよび、
手術も難易度があがります。

体の状態も悪くなるので、リスクも高まります。


20171004_3.jpg


治療は、手術が一番効果的な方法なのですが、
その手術をするタイミングもどうするか。

もし雪丸がもう高齢であれば、
手術のリスクも考えると
このまま様子を見ていくのがよいのかもしれません。

が、まだ5歳…


20171004_4.jpg


元気な状態で手術した方が
リスクは抑えられる…

ただ、それでも100%は保証されていません。

手術を行ったことで、
今度は肝臓の状態が悪くなる子もいるそうです。

中には手術中に亡くなってしまう子も。


20171004_5.jpg


結局。

……悩みましたが、
手術しか道はないのだと予約をしてきました。

手術は11月中旬。
まだ悩む時間はあります。

少し思うところもあり、
セカンドオピニオンも検討しているところでして…

一番納得ができる方法、場所で、、、
治療ができるようにしていきたいです。



※ 足あと機能OFF中です ※

ランキングに参加しています☆

ポチっとよろしくでしゅ↓


こっちもついでにポチ↓


犬ブログ広場 ポメラニアン

Instagram ← インスタグラムもやってます♪

Tag:ポメラニアン 胆嚢粘液嚢腫

先週の土曜日は、ポメはげ病院の通院日でした!

2ヶ月ぶりに行くけれど…
モフモフになった姿を早く見せたいね~

20170926_1.jpg
 ドキドキでしゅねっ


※以下、通院後の写真です


毎回朝一番で行っている病院。

以前は到着するまで2、3時間とかもありましたが…

新居に引っ越してから距離も近くなり、
渋滞に巻き込まれることもなく
負担が減りました!

20170926_2.jpg
 ルンルンで行けましゅよ♪


診察室では、先生も開口一番

「おおお、増えたねー!」

20170926_3.jpg
 えへんっ

2ヶ月前も増えてはいましたが、
さらにモフモフになった姿に
びっくりしたようでした

先生も喜んでくれて、
「写真撮っておきましょう」と、記録の写真をパシャ

20170926_4.jpg
 しっぽもありましゅよ~~

とても嬉しい診察日となりました☆




そしてもうひとつ!

実は先々週、大学病院に行く前の血液検査をしてきました!

20170926_5.jpg
 チクってやられたでしゅ

結果は…肝臓の値が減ってました


胆嚢の数値は横ばい。
エコー上も悪化はしていませんでした

20170926_6.jpg
 元気でしゅからね

この調子なら、
元気な状態で大学病院へ行けそうです!


肝臓の数値が下がったのは…
ハーブティのおかげなのかな!?

手術が避けられると一番いいのですが、
まだこればかりは分かりません。

20170926_7.jpg
 痛いのはイヤでしゅよ~


そして気がかりなのは…

手術すると毛を剃ってしまうので…


ちゃんと生えてきてくれるかなぁ?


20170926_8.jpg
 …どうでしゅかねぇ


命の方が大事なのはもちろんですが、
それでもやはり毛が気になってしまいます…

皮膚の状態はよくなってきているから…
きっと大丈夫だよね!



※ 足あと機能OFF中です ※

ランキングに参加しています☆

ポチっとよろしくでしゅ↓


こっちもついでにポチ↓


犬ブログ広場 ポメラニアン

Instagram ← インスタグラムもやってます♪

Tag:ポメラニアン アロペジアX ポメはげ

WHAT'S NEW?